組み立てやすい構造、リーズナブルなポップアップ設計

カスタム紙器・紙製品・パッケージ

国内数十万部製造対応可能な紙製付録の省コスト設計
カスタム紙器・紙製品・パッケージ
平面イメージからおこす、紙の仕掛けデザイン

平面からつくる立体・ポップアップ意匠設計

独自設計の紙器製品、紙製ふろくとノベルティ
平面からつくる立体・ポップアップ意匠設計
アイテム

国立天文台のアイテム

工作キット、オリジナルてぬぐい、ガチャガチャアイテム
国立天文台のアイテム

紙製アイテム

シャツとてぬぐい

NAOJグッズ

工作キット・クラフト

セミオーダーアイテム

そのほかアイテム

最新情報

ブログをみる

「ばね」みたいなものを紙で作ってみたくなったということは それはちょっと紙の世界に深く入り込んでしまったということですから まずは紙には「目」があるということを知っておくといいです 紙の目っていうのは、木目といっしょで 紙の繊維が走っている方向のことをいいます。 竹尾さんのサイトに説明があります http://takeopaper.com/about_paper/line/index.html 機械で大量に紙をつくるときに、機械のなかを水分といっしょにパルプが流れていく方向です 和紙や牛乳パックを溶かして紙をつくるような「紙漉き」の場合は、 いろんな方向に水が流れるので、目はできません つまり、和紙ではバネはつくりにくいです。 上の写真でいうと、左のほうが、「長手(ながて)に目が走っている」という言い方をします ちなみに右は「短手」(みじかて、みじかで) ちなみに だいたい箱モノの展開図をかくときは、長手方向に描きます。 なぜかというと、そのほうが立体物が丈夫に仕上がるからです。 上の写真のカード紙は、矢印の方向に目が走っています 目方向にくるっと巻いてみると、丸めやすいのです。 海苔巻きを作るときの「す巻き」だと思うとわかりやすいです。 折れやすさも違います。試しにやってみてください。 さていよいよ「バネみたいなもの」をつくりましょう。   まずはさっきのカード紙を写真のようなカタチに折ったら ジャンプ台のできあがり。 くれぐれも、「紙目」に注意です。...

国立天文台野辺山宇宙電波観測所45m電波望遠鏡ペーパークラフトの作り方です。まずは1/400の写真でご説明します。 ではスタート。 「下部機器室」と「コリメータタワー」 コリメータタワーののりしろは下部機器室の穴にさし込んでから広げて、下部機器室の天井のウラ面に貼ります。 「副鏡ステー」 貼る箇所を間違いやすいので注意。真ん中に六角柱ができあがります。「副鏡」は底に貼ります。 「センターハブと抑角ギア」 (この画像では穴が六角形ですがシートの展開図では丸になっています) 「架台」と「抑角軸」 「ビーム伝送系①と②」 まず「ビーム伝送系①」の、六角形の穴に「抑角軸」をとおして接続しますこのとき「架台」の手前側から向かって右側に来るように注意しましょう(間違えちゃっても接続部分が目立つ位置に来るだけで形にはなりますが) 次に「ビーム伝送系②」を「ビーム伝送系①」の丸い穴にさしこんでおきます ビーム伝送系①の箱のフタを閉じます 「昇降機」   筒をつくって2枚のフタをかさねて閉じます 「抑角軸部品」をつけて、抑角軸が架台にセットされましたここまできたらもうひといきです 「日除けパネル③」を接着します「台座」の真ん中にある丸抜き、これは捨てずにここで上に重ねて貼り付けます 「日除けパネル②」 をはめこみます気になるところは、のりづけしておきます 「昇降機」も、さしこんでおきます「ビーム伝送系」と「昇降機」を「下部機器室」の側面ののりしろに接着します 「主鏡面パネル①」スリットをスライドして輪にします輪の接続部分には、のりをつけて固定しておきましょう 「台座」①を折ってから②をかぶせてスリットにパチンとはめこみます ここまでで、こんな感じになってきます! 「日除けパネル①」をはめこみます...

急な春休みで、小中学生のみなさまは暇を持て余しているかと思うので、このあたりで工作などいかがでしょう?というわけで、きれてるペーパークラフト 紙で作る人体骨格模型 のご紹介です。 とある雑誌向けに作った人体骨格模型を、カット済みにしてリニューアル。きれいに切れない、カッターを使い慣れていない方でも、組み立てが楽しめます。 サイズは身長50センチのノーマルサイズと、25センチのミニサイズ。おすすめはミニサイズだったりします。商品についてはこちらをご覧ください。 今回、用紙はヴァンヌーボっぽい紙ですが、オンデマンドでカットしているのでどんな紙でもガイコツがつくれます。これはまたおいおい進めていきたいところ。 というわけで、組み立てガイドですね、おいておきます。是非組み立ててみてくださいね。

株式会社デフ様よりご依頼いただいた、卓上カレンダーです。 最初はフルギミックなものを考えていましたが、年末ギリギリ、時間がない! ということで、シュッとできて定番だけどちょっと普通と違うものができました。 さすが何でもつくる造形製作会社さん、描画がすてき! こんなすてきな絵をつけてくださるとは、設計屋冥利?につきます。 カードのサイズが180×150mmと大きく、迫力があります。 小部数をご希望でしたので、レーザー加工にて製作しています。 レーザー加工ははじめての試みでしたが、きれいにうまくいきました。 経済的ですっきりしたデザイン。POPにも使えます。 お問い合わせは info@honyaplan.com まで   カードは全6枚。納品時はこのように、カードのタテとフレームのヨコのサイズが揃います。 背面です 株式会社デフ様URL http://www.d-def.co.jp  

ホニャプランについて

ホニャプランのホニャは、「ほにゃらら」のホニャです。板紙や、紙みたいな平らな素材をつかって考え、愉快とかカッコイイとかベンリなモノの意匠構造設計をすることを専門にしています。

TMT(Thirty Meter Telescope)のペーパークラフト制作をきっかけに、国立天文台グッズの制作を開始、毎年、三鷹星と宇宙の日でグッズの販売を行っています。また、国立天文台三鷹キャンパス内展示室にガチャマシンを設置しています。

>> About ホニャプラン

ホニャプランの紙もの企画・構造設計サービス

数百部から数十万部まで。大きなものから、小さなものまで。ご予算に応じて、最適な構造をご提案。

お支払いについて

銀行振込、コンビニ払い、Pay-easy決済は、ご入金確認後の発送とさせていただいております。

主なお支払い方法

・クレジットカード

・携帯料金合算払い

・Amazon Pay

・Paypal

・Apple Pay

・Google Pay

・Pay-easy決済

・銀行振込

・コンビニ払い

配送について

【配送業者】日本郵便 他

・ご注文日より3営業日以内に商品を発送致します。

・ご注文確定後、発送手続きをさせていただき、メールにて発送日をご案内します

・ご注文内容によって配送方法を自動計算します。

主な配送方法

・メール便(全国一律200円)

・特定封筒郵便(全国一律600円)

・宅配便(1000円~)

>> 配送について


返品について

商品出荷間違い・不良品・配送途中の破損事故の場合は商品到着後1週間以内に弊社宛にご連絡ください。早急に対応させて頂きます。また、お客様のご都合による返品・交換は大変申し訳ございませんが原則お受けしておりません。予めご了承ください。

>>返品について