折りたたみ式十二面体でつくる
「グリーティング・オーナメント」

子供の科学 2021年1月号の「おもしろ工作開発現場 コドモノカガク研究所」は「折りたたみ式十二面体でつくる グリーティング・オーナメント」。多面体をパッケージの設計技術を使ってつくります。

今回のポイントは「組み立てたら正十二面体になればいいんです」

というところです。

ポップアップ絵本やお菓子の箱、

ホームセンターで売っている道具箱なんかで見かける

「たたまれかた」です。

商品を郵送してお店などに納めるのにサイズを小さくして

配送の費用をできるだけおさえたり

決められた本のサイズになんとしても入れたり

工業製品に見られる、ちいさな工夫です。

これが組み立て前。

たいらになるので、それを便利に使って作業をします。

 

本誌に引き続き、使い方を考えてみると...

・蓄光スプレーを塗装してツリーに飾る

・感光紙でかっこいい日光写真作品をつくって貼る

・全面にボンドをぬってビーズをつけてデコる

・小さい文字のカレンダーを12ヶ月分貼る

・エッシャーのように模様を描いてみる

・年賀状としておめでたい絵を描いて送る

・好きな写真を貼って多面体アルバムにする

・人が入れるくらい拡大して段ボールでマイテントをつくる

 

いろいろありそうですが

たためる正四面体・立方体・正八面体・正二十面体などもつくって

標本のように飾ってうっとりする、というのが

多面体ファンかもしれませんね!?

 

それでは今日はこのへんで。