前回に引き続き人体骨格模型(ミニ)です。

胸骨+肋軟骨をつくっていきます。

 

このパーツからスタートです

 

肋骨①はすでについているので 肋骨②からつけていきます。

ミニは、完成させたい大きさに対して紙の厚みがあります。

千枚通しで差込スリットをあらかじめ開いておくと

かんたんに差し込みができます。

肋骨②と肋骨③を差し込んだところです。

 

肋骨⑤まで差し込んだところです。肋骨⑥はすでにありますので

次は肋骨⑦,⑧です。 

 

こんな形になります。ミニの場合、差し込みづらい場合は

上から貼ってしまいます。

ここまでできたら裏にして、胸骨、肋骨⑨、鎖骨の順にとりつけます。

 

組み立ての時にやりにくければ、ピンクの線のところをカットして調節してください。

 

ここまできたら、木工用接着剤を少量つけてふたをしめます。

上からテープでとめてもokです。

 

 

オモテにして、胸骨でフタをするように折ります。

鎖骨を押さえるための、ふたつの耳には

木工用接着剤をつけておいて、折ります。

 

これで胸骨+肋軟骨部分ができあがりました。

おつかれさまでした。

 

次回:脊椎骨,肋骨